堀田眼科医院
治療法
遠方順応

【ワック D-5000AUTO】
よく目が疲れる、視力の低下が気になる、仮性近視と診断されたなどの症状がある方に、遠方順応の治療を行っております。最近増えている学生さんの近視もこの治療で回復することがあります。

覗き窓を覗くと美しいカラーの立体風景が見え、遠くの景色を長時間見つめるのと同じ効果が得られます。
光源が点滅しますので、瞳が開いたり縮んだりし、目の疲れを取り除きます。
両目ともまっすぐ前方を見ますので、近くを見ることによって内に寄せられた視線を平行に戻します。

当院では、コンタクトレンズやメガネの処方の前にも、遠方順応で目
の緊張を十分に取り去ってから検査をしております。
レーザー手術治療
レーザー光線による熱作用を利用し、網膜や虹彩を治療します。
レーザー光線を目に当てると聞くと、少し恐いと思われるかもしれませんが、熱作用を利用するため、痛みもほとんどなく、外来で処置することができます。当院では、アルゴンレーザーを用いた光凝固装置で治療しております。

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離裂孔、緑内障などの手術の時に使用します。
  Copyright(C)2004 Hotta Eye Clinic. All Rights Reserved.